Bloggerにショッピングカートを設置する

当ブログは、@Bloggerを利用しています。
以前とあるレンタルWebショップのサービスを利用して、ショップを運営していたのですが、月額費用が500円ちょいという安価な分、ちょっとした自身のテストアクセス程度でサーバーが込み合っています。。。などと表示されお客様へのサービスが停止してしまうという情けないものでした。

システム的には非常に使いやすかったのですが、その程度でサービス停止になるような細い帯域設定は頂けません。
このレベルであれば、Bフレッツ&Vistaによる自宅サーバーの方がよっぽど高帯域です。
といっても、インフラ維持やら運用メンテナンス・システム開発などで結構大がかりな投資が必要なことは理解できますので、月額利用料の安価なコースを選択しておいて文句言ったらバチが当たりますよね。
しかしながら、資金的に余裕のない状況のスタートアップ間もない企業や個人事業では、工夫と苦労で乗り切る事を考えねばならない訳です。

という事で、Googleさんのインフラへの期待と、何と言っても検索エンジンのリーダーシップを取っている同社のブログツールという事で、SEO的にも有利に働くであろう事を期待して、当ブログと同じ@Bloggerを利用してWebショップhttp://shop.hyperhands.com/をリニューアル構築しました。
現状では、ショッピングカート機能はBloggerに存在しておりませんので、ASP.NET(C#)での開発する事となりました。
もうひとつの理由: レンタルWebショップではログ解析がオプションで以下の料金が発生する事

  • 初期費用:3,000円(税別)
  • 月額料金:2,000円(税別)

Google Analyticsは無料ですし、カスタマイズ情報も豊富で痒くなればかけるとでもいいましょうか?
月額2千5百円ばかりではありますが、帯域増加も考え併せると大きなコストダウンに繋がり、販売価格への転嫁分が下げられるということになる訳です。

開発したショッピングカートSystemのパーツは、Htmlタグ(iframe)を投稿記事に貼り付けてやればカートとして使用することが可能なようにプログラミングしてあります。
srcアトリビュートのURLパラメータ(QueryString)に対応させるに商品コードを指定してやるだけという簡単さを実現しました。

ASP(サーバ)側で未登録の商品コードと判断すれば、管理者用ログイン画面を経由させ、商品マスタを設定することが可能となっています。
@Bloggerの記事登録画面にある「プレビュー」リンクで表示される確認画面内で、これらの動作が機能しますので、商品設定からカート表示の確認まで一連の流れで完了でき、それをもって記事公開をすることが可能です。
経験則では、ブログを開設して1ヶ月20投稿くらいから、記事公開とほぼ時を同じくしてGoogle検索の結果に現れるようになります。
しかも、記事タイトルを工夫次第で高位置になる事もありますので、独自サーバーでの公開に比べて圧倒的に顧客への露出効果が速いように思います。
しかしながら、ブログだからなのか公開してから時を経るに従い、徐々に検索結果のリスト下位に落ちてゆくようです。情報の新鮮度も加味されている結果でしょう。
まぁ、オープン間もないブログでは、ページランクが低いのは当たり前なので、検索エンジンにアピールできるの事といえば、情報の公開日を元にした新鮮度のみなので仕方ありません。
愚直にユーザに読んでもらえる役立つ記事をコンスタントにアップするよう心掛けていれば、キープ力も上がるでしょう。
独自サーバーでは、検索エンジンにリストアップされるまでに新鮮度が落ちてしまうという事も考えられますので、その点でも@Bloggerは強いように感じます。

なお、購入者はメールアドレスをUserIDとして次回購入時に配送先を再入力する必要がないようにしてあり、パスワード忘れ時にも仮パスワードをメール送信することができます。

もちろん、注文確定時には注文受付メールがお客様と管理者(私)に送信されるようになっています。

カートのシステムをホスティングするために、ASP.NETとSQLServer(無料のExpressでも可)を利用可能なホストが@Bloggerとは別に必要となりますが、商品ページはBloggerの記事として投稿しブログで運用させて頂きますので、少なくとも商品ページがサービスダウンするリスクは低減される事を期待できます。
ブログだけではなく各種CMSやHTMLページへの埋め込みや、ASP.NETのみのサイトでも利用できるものですが、メンテナンスのしやすもありBloggerを利用させて頂いております。
Googleさんに感謝!!

例えば、ある商品(商品コード:a-999)の記事へショッピングカートシステムの購入機能を張り付けるには、記事のHTML編集画面で、以下のようなタグを貼り付けるだけです。
※ 問合せ用にとWeb上にメールアドレスを晒したりしますと、スパム業者のロボットに発見されて困ったことになります。
そんな時は、以下のコードに似たようなメール送信フォームのタグを張り付けてサーバ側でメール送信処理をさせます。
この時CAPTCHA画像認証コードをユーザに入力してもらう仕組みも提供されるようにプログラムしてありますので、問合せ画面のサブミットボタンをロボットが自動で処理するのを防いでくれます。


※人間にだけ読み取れるような画像を自動生成して入力してもらう仕組みです。
パスワードを忘れてしまったお客様への仮パスワード発行画面でも同様の仕組みを利用しています。


※ 問合せ画面も同様の形式
※ サーバアドレスはダミーです。

当サイトの「問合せ」画面でBloggerへの埋め込み動作をご覧になれます。

コメント(0)

コメントを投稿

関連記事
ASP.NET
Blogger
ShoppingCart
このガジェットでエラーが発生しました